MENU

自然な口元を再現
審美性と機能性を備えた治療

セラミックの白い詰め物や被せ物による審美性を重視した治療は、天然歯に類似した色調やツヤがあり、より自然な口元の再現が可能です。
歯の黄ばみを治したい、以前治療した銀歯が目立つ、被せ物直下の歯肉が黒ずんでいるといったコンプレックスの解消に有効です。
また、セラミックは、生体内で安定した材料であることから、経年劣化による歯肉の黒ずみや、金属アレルギーの心配がありません。
セラミック治療は、審美性、機能性、安全性を満たす優れた治療方法です。

保険診療との違い

セラミック治療は、現在、自由診療で行われています。
自由診療であるため、材料の制限がないため、当院ではより良好な予後を期待して、
すべての治療過程において、適した器具や材料を採用しています。

  • 支台歯形成
    (土台となる歯の整形)
    「拡大鏡」などの器具を採用して治療をいたします。
    暗く狭い口腔内において、明視野のもと、治療を丁寧に行うためには、視野を数倍に拡大できるこれらの装置が必要です。
    拡大鏡を使用した処置では、肉眼では見えない微細な調整が可能となり、詰め物や被せ物の適合が向上します。結果、耐用年数の増加につながります。
  • 精密な技工
    支台歯形成が完了した後は、歯型を取ることになります。
    一般的に歯科医院ではアルジネート印象材とシリコン印象材の2種類がありますが、特にシリコン印象材は、精度が高く、吸水による変形が起こりにくく精密な型どりに適しています。
    そのため、当院では、より精度の高いシリコン印象材を採用しております。
  • 予後に影響する接着強さ
    詰め物や被せ物は、セメントを使用して歯面と合着します。
    従来、セメントの経年劣化により、歯面と詰め物や被せ物の境目にプラークが蓄積し、再度虫歯になる2次カリエスという現象のリスクがありました。
    当院では、より優れた接着強さを有するセメントを採用し、詰め物や被せ物周囲への虫歯菌の侵入を抑制する対応を行っております。
  • セラミック専門技工士
    セラミックの詰め物や被せ物は、一般的な保険診療と比べて、自由診療のため、症例数が少ないのが事実です。
    そのため、詰め物や被せ物を製作する歯科技工士によっては、経験が少ないことも想定されます。
    当院では、セラミストと呼ばれるセラミック専門技工士が詰め物や被せ物を製作しております。熟練した技術による色調の変化やツヤの再現は患者様の満足度に直結します。

セラミック治療のメリット

セラミック治療は、審美性、機能性、安全性のすべてを満たす治療方法です。

  • すぐれた色調の再現性
  • 天然歯に類似した光の透過性とツヤの再現
  • 経年劣化による変色が起こらない
  • プラークが付着しにくい口腔衛生に優れた材質
  • ジルコニアなど、咬合力に耐える優れた強度
  • メタルフリーの場合には、金属アレルギーの心配が不要
  • 生体親和性が高い素材
  • 歯肉に金属イオンが流出するメタルタトゥーの予防

結果、セラミック治療は、審美性に優れるだけでなく、お口の健康に最も適した機能性に優れた治療方法であると言えます。

セラミックの種類

現在、治療に採用されているセラミックにはそれぞれ特徴があるため、
当院では患者様の歯列やかみ合わせなどを考慮し、最適な方法をご提案しております。
せっかく治療したセラミックが割れてしまわないように、当院では、衝撃に強い、上位セラミックを使用しております。

  • emax
    被せ物や詰め物の治療に採用されるオールセラミックです。天然歯に類似した透明感を持ち、色調の再現性に優れています。
    オールセラミックであることから、材質への吸水が起こらないため、経年劣化による変色や、口臭といったリスクがなく、長期的に美しい状態を維持できます。オールセラミックのため、メタルフリーであり、金属アレルギーをお持ちの方や、歯肉へのメタルタトゥーを予防したい方に適した材質です。
  • ジルコニア
    セラミックの中で、最も耐久性に優れる人工ダイヤモンドといわれるジルコニアは、咬合力が強い方の奥歯に適しています。透明感があるため、歯の再現性にも優れています。オールジルコニアの場合、金属アレルギーをお持ちの方や、歯肉へのメタルタトゥーを予防したい方に適した材質です。ジルコニアは靭性(素材の強さ)が高いため、対合歯を摩耗させることがあります。ジルコニアによるセラミック治療の経験を有する歯科医師による精密な設計が大切です。
  • ラミネートベニア(emax)
    歯の変色や、わずかな歯間離開や歯の捻転、矮小歯には、ラミネートべニア治療が有効です。
    その中でも、当院で採用しているemaxベニアは、厚さは1㎜以下という極薄のセラミックでできています。
    emaxベニアは、光の透過性や色調の再現性に優れるセラミックの特徴と、併せて強度に優れることから、歯の切削量を極力少ない状態で美しい仕上がりが期待できます。