MENU

コンプレックスの解消と、お口の健康づくりのために
今からでも遅くない歯並び治療

矯正治療は、生え変わりなど、成長過程に行う治療というイメージをお持ちかもしれません。
永久歯列になって成長が終わってからでも、歯並びをきれいに治療することができます。
成人矯正は、虫歯や歯周病の予防にも効果的です。

成人矯正のメリット

  • 1.コンプレックスの解消
    歯並びを治すことで、出っ歯や受け口、歯のねじれなど、口元のコンプレックスから解放されます。
    お口の表情に自信を持つことで、自然な笑顔が増え、積極性を持つことができます。
  • 2.口腔衛生の向上
    歯並びが悪いと、口を閉じにくい、口が乾きやすい、歯の磨きのこしが多いといった口腔衛生上の問題があります。
    歯並びをきれいに整えることで、歯ブラシが隅々まで届き、清掃の効率が向上します。お口を自然に閉じる習慣ができることで、口腔乾燥を予防し、雑菌の繁殖が起こりにくくなります。
  • 3.虫歯や歯周病予防
    歯並びを改善することで、口腔衛生が向上すると、虫歯や歯周病になるリスクが低下します。
    きれいに磨けることは、プラークの付着を予防し、歯周病予防にも効果的です。
  • 4.咬み合わせの改善
    歯並びが悪いと見た目の問題の他に、上下の歯がうまくかみ合わないといった問題点があります。
    機能的で美しい歯並びになることで、咀嚼や発音といったお口の機能が改善します。
  • 5.顎関節症予防
    歯並びの不正により、一部の歯に強い力が加わる場合、左右のお口周りの筋肉の使用が不均等になります。
    結果、お口の開閉を担う顎関節に炎症を起こす顎関節症のリスクがあります。成人矯正は顎関節症の予防にも効果的です。
  • 6.患者様の治療に対する積極性
    小児矯正の場合、治療の当事者であるお子様は、治療の必要性を十分に理解できていないことがあります。
    結果、装置を十分に装着することができないなど、治療に対する協力を得ることが困難な場合があります。
    成人矯正の場合は、患者様ご本人のご希望により治療を開始するため、治療への理解と協力が得やすく、効果へと直結します。

マウスピース矯正のメリット

近年は、マウスピース型の矯正装置による歯並び治療を選択する患者様が増加傾向にあります。

MERIT01
従来のブラケット矯正と異なり、マウスピース矯正は装置を取り外すことが可能です。
ブラケット矯正の場合、痛みや不具合で調整が必要であっても、来院するまで我慢する必要がありますが、マウスピース矯正であれば、取り外すことが可能です。
MERIT02
マウスピースは、薄い透明な素材で製作されています。そのため、装着中に対面して会話をしても、治療中であることを気が付かれないことがあります。
装着中の口元の動きや、発音にも大きな影響を及ぼしません。
MERIT03
装置を取り外すことができるため、ブラケット矯正のように、装置と歯面の境目が磨きの腰が多いといったことがありません。
治療を開始する前と変わらぬ状態で隅々まで歯を磨くことができます。
MERIT04
ブラケット矯正の場合、食事によっては、ワイヤーと歯面との間に挟まってしまうため、会食時に気を遣うといった不自由さがあります。
また、ガムや餅など粘性のある食べ物は装置につくと取れにくいためブラケット矯正中は避ける必要がありますが、マウスピース矯正であれば心配ありません。
MERIT05
ブラケット矯正の装置が一部剥がれてしまうと、唇や頬の粘膜に刺さって痛みを生じることがありますが、マウスピース矯正はそのような不快なことが起こることはありません。
万が一、歯の移動による痛みが強すぎる場合にも一時的に装置を取り外すことが可能です。
MERIT06
マウスピース矯正は、治療開始時に完了までに段階的に交換していくマウスピースを患者様にお渡ししています。
そのため、頻回の来院は不要で、指示に従って順にマウスピースを交換していきます。
ブラケット矯正と比較して通院間隔は長くなりますが、治療効果を確認するための数回の来院は必要です。
MERIT07
マウスピース矯正では、装置に金属を使用しません。
そのため、金属アレルギーがある方も安心して治療を受けることができます。

当院のマウスピース矯正

当院は、現在、2種類のマウスピース矯正を提供しております。

  • インビザライン
    インビザラインは、1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社が開発したマウスピース矯正の先駆けともいえる実績のある方法です。
    治療開始前の歯並びをデータ解析し、治療完了までの歯の移動を専用のソフトでシミュレーションします。
    シミュレーションから作成した複数のマウスピースを、段階的に交換することで、理想的な歯並びへと近づけます。
  • SmileTRU
    SmileTRU(スマイルトゥルー)も、インビザライン同様、歯科矯正治療の先進国である米国で開発された治療方法です。症例は歯並びの状態によって、レベル1~4に分けられ、日本では現在レベル1~2の歯並びが治療対象となっています。マウスピース矯正の中でも、比較的治療費用が安価であることも特徴の1つです。

ブラケット矯正も
行っています。

マウスピース矯正をご希望の場合であっても、歯列の状態によっては、
より美しく機能的な歯並びを獲得するためにブラケット矯正をお勧めする場合があります。
マウスピース矯正は、ブラケット矯正と比べて、まだ適応症例が限られるためです。
マウスピース矯正の準備として一部ブラケット矯正を取り入れるケースなど、
患者様のお口の状態に合わせて適した治療方法をご提案しております。